金利の低さでキャッシングを比較

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

キャッシングの金利の低さで比較

返済で苦労したくないから金利は低い方がいい!!

 

キャッシングを利用する際に最も気にしなければならないのが金利(貸付利率)です。借り入れする金額や期間よっては僅かな金利の差が返済を大きく左右してしまいます。

 

このページでは、金利(貸付利率)を低い順にキャッシングを並べていますので金利とその他の項目を簡単に比較することができます。

 

毎月の返済の負担を少ないキャッシングを選びたい、無駄なお金は払いたくない、少しでも損はしたくない、その他等々のこだわりがある場合のキャッシングやカードローンをお探しください。

 

会社・商品名 実質年率 融資限度額 審査時間 無利息期間 お試し審査
アコム 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短30分 30日間
モビット公式サイト SMBCモビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短30分で審査完了(※1) ×
プロミス公式サイト SMBCコンシューマーファイナンス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分で回答 30日間
(※2)
レイク 4.5%〜18.0% 1万円〜500万円 5万円まで180日間または30日間
ライフティ公式サイト 「RYFETY」ライフティ 8.0%〜20.0% 1000円〜500万円 最短30分 35日間

さらに詳しい情報は各公式サイトにてご確認ください。
※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

キャッシングの金利を比較するときのワンポイントアドバイス

キャッシングを選ぶときに真っ先にしなければならないことは金利の比較です。

 

できるだけ金利の低いキャッシングを選べは毎月の返済の負担も楽になりキャッシングがより便利に使えます。ただし、金利の低いキャッシングはその分だけ審査が厳しいという傾向にあります。無難にキャッシングの審査に通ることだけを考えてお金を借りることを優先したいのであれば、それほど金利の高低にこだわる必要はなく、確実に借りられるキャッシングを選択するとうほかに選択肢はありません。

 

単純にテレビCMや新聞・雑誌の広告などでよく見かけるからとか、なんとなく社名を知っているからとか、そのような曖昧な理由だけでキャッシングを選ぶことだけはNGです。

 

上手にキャッシングを利用したいのであれば先ずは金利です。

 

たとえわずかな金利の差でも、まとまった金額を借りることになれば返済金額にも大きく影響してきます。念のために計算してみたら、返済総額に数十万円もの差が付いていた、なんてことにもなってしまいます。返済計画に影響をあたえる金利の比較はキャッシングを利用するうえでは外せないポイントです。

 

短期(数週間から1ヶ月くらい)のキャッシングを考えている場合は、無利息サービスのキャッシングを利用するのがオススメです。初回限定や期間限定で無利息サービスを受けられる消費者金融が増えています。賢くキャッシングを利用したいなら、このようなお得なサービスを見逃さないようにしましょう。

 

銀行カードローンであれば、すでに口座を開設している方を対象に金利を引き下げるキャンペーンを行っているケースもあります。まとまった額のお金を借りるのであれば金利を0.5%引き下げてもらうだけで大分違いますから、こちらも見逃せません。

 

返済をできるだけ楽にするためにも、少しでも金利を低く契約しようとする姿勢は大切です。

 

キャッシングの支払い金利では個人の信用力の比較で大きな差も

キャッシングを行っている金融機関としては、銀行と消費者金融の2つの業者に大きく分けられ、キャッシングの支払金利は、銀行と消費者金融業者を比較すると圧倒的に銀行の方が低くなる傾向があります。

 

銀行ではキャッシングの利用者に対する審査が消費者金融業者よりは厳しいため、支払い金利も低くできるようになっています。また、金融機関のキャッシングの支払い金利は、利用者の信用力による違いによって大きく異なる面が生まれています。

 

就労条件が大企業の重役であったり、開業している医師であったり、公務員である場合には安定収入が期待できるために、金融機関ではキャッシングの支払い金利を低くしています。

 

逆にパートやアルバイト、専業主婦などの安定収入が見込めない場合には、キャッシングの支払金利は高く設定されています。

 

前者の安定収入が見込める場合には、金融機関のキャッシングの支払い金利は年率で5%以下となることが多いです。しかし、後者の場合には支払い金利は年率で10%を超える場合も出てきます。そのため、非正規雇用者などの場合は、支払い金利負担は比較的に重くなる傾向があります。

 

しかし、非正規雇用者の場合には、毎月借り入れができる限度額も低く抑えられる特徴が出ています。パートや主婦の人の毎月の借り入れ限度額は30万円程度となっていることが多いですが、自らで限度額を10万円までと設定することも可能です。

 

非正規雇用者と比較して、医師や公務員の限度額は高く設定されることが多くなっています。信用力の高い人となると、限度額が数百万円となることがあります。

 

また、安定収入が見込める人でも、過去に金融機関のキャッシングなどを利用して滞りなく返済をしていた実績のある場合には、さらに限度額を大きくすることも可能となっています。

 

このように金融機関では返済見込みの高い人には高額低利で貸し出しを行い、返済見込みが低めの人には定額高利でも貸し出しを行っている特徴があります。

 

関連ページ

審査時間の比較
すぐにお金を借りたいなら審査時間の早さは重要です。審査が30分で終わるもの、審査に2〜3日の時間が掛かるもの、土日祝日対応、即日審査のキャッシングなど、早く借りたい方のための審査スピードでキャッシングを比較。
融資限度額の比較
高額融資を希望するならキャッシングの融資限度額の大きさは重要です。限度額が50万円のもの、300万円のもの、500万円のものなど、大口融資が可能なキャッシングを比較。
無利息期間の比較
すぐにお金を返せる予定があるなら無利息サービスがあるキャッシングが断然おトクです。無利息期間は短いもので1週間、多くのキャッシングが採用している30日間、最長で180日間のものなど、無利息サービスがあるキャッシングを比較。
お試し審査の比較
本審査を受けるまえに借り入れ可能か匿名でできるお借入れ診断が便利です。早いもので数秒から遅くても数十秒で結果がわかるキャッシングを比較。