審査時間が早いキャッシングの比較

キャッシングの審査時間を早さで比較

すぐ借りたいから審査時間は早い方がいい!!

 

想定外の出来事で急なお金が必要になってしまった、キャッシングの申し込みから借り入れまで無駄な時間を掛けたくない、とにかく早く借りたい、そのためにはキャッシングの審査時間の早さが重要になってきます。

 

このページでは、審査の時間を早い順にキャッシングを並べていますので審査時間とその他の項目を簡単に比較することができます。

 

当日中にすぐ借りたい、その日のうちに絶対借りたい、即日審査のキャッシングを探してる、即日融資を希望、その他等々のこだわりがある場合のキャッシングやカードローンをお探しください。

 

会社・商品名 実質年率 融資限度額 審査時間 無利息期間 お試し審査
アコム 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短30分 30日間
モビット公式サイト モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短30分で審査完了(※1) ×
プロミス公式サイト SMBCコンシューマーファイナンス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分で回答 30日間
(※2)
ライフティ公式サイト 「RYFETY」ライフティ 8.0%〜20.0% 1000円〜500万円 最短30分 35日間

さらに詳しい情報は各公式サイトにてご確認ください。
※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

キャッシングを審査時間で比較するときのコツ

インターネットが普及して、パソコンや携帯・スマホを使えば手間要らずで24時間いつでも簡単にキャッシングの申し込みができるようになりました。それに伴って審査に掛かる時間も大幅に短縮されて、即日中に現金の借り入れができるキャッシングが大半になりました。

 

審査時間が短縮化された理由は、本人確認のための身分証明や収入証明などの必要な書類関係をWEB送信やメール添付などで提出できるようになったのが大きいですよね。

 

キャッシングのWEBサイトを見ても最短即日融資という言葉をよく見かけるようになりましたが、注意してほしいのは最短という文言です。

 

最短で即日なわけですから、最短ではない場合は数日以上かかることもあるわけです。

 

また、審査時間と融資時間は混同されやすいですが、両者はまったく意味が異なるものです。審査時間はキャッシングの会社が申し込み者に対してお金を貸せるか貸せないかを判断するための時間で、融資時間は実際にお金を貸し出すまでの時間です。迅速にお金を借りたい場合は、即日審査よりも即日融資のキャッシングを選んだほうが確実ですので、この辺は注意しなければなりません。審査が即日で終了しても、融資までにさらに数日待たされるようでは意味がありませんからね。

 

審査・融資までの時間は申込方法によっても変わってくるので、ここもよく調べておく必要があります。

 

即日でキャッシングできる方法もあれば、数日以上の時間が掛かってしまう方法もあるのです。

 

例えば、今も昔も融資までに最長の時間が必要となるのは郵送による申し込み方法です。何故この申し込み方法が時間がかかるのかといえば、これは単に審査・契約といった書類を交わす手段がすべて郵送からです。

 

パソコンが普及する以前は、自宅にいながら申し込みできる方法といえば郵送でした。当時は申し込みから融資まで数週間は当たり前であり、現在においても郵送申し込みを選ぶと数週間を要することがあります。

 

すぐにお金を借りたい方は、どの方法が最短で借入できるのかWEBサイトでチェックしておきましょう。

 

審査時間や融資までの時間を早くするためには、借り入れ希望額を必要最低限以上に大きくしてしまわない工夫も必要です。

 

高額融資の希望をすると審査までの時間が長くなりますので、最悪の場合、最短即日融資と書かれていれも即日で借入できない可能性があります。キャッシングの種類によっては審査に1週間以上を要することもあるので、必要以上のの大きな希望額を設定するのは避けたほうが無難です。

 

最も早く借りれる方法としては、審査時間が最短30分と表示されているキャッシングにネットで申し込みを行い、振り込み融資をしてもらう方法です。振り込み融資の時間外の場合には、ネットでキャッシングの申し込みをして、審査結果をまっている間に実店舗や無人契約機に出向き、審査結果の連絡と同時にカードを受け取り現金を引き出す方法です。

 

ちなみに、審査には借り審査本審査の2種類がありますので気を付けてくださいね。こちらのページの比較表に記載している審査時間はすべて本審査の時間です。

 

関連ページ

貸付金利の比較
金利は低ければ低いほど良いに決まってる。誰だって返済するときに苦労はしたくありませんからね。銀行カードローンの低金利、パート・アルバイトでも借りられる低金利のキャッシングを金利の低さで比較。
融資限度額の比較
高額融資を希望するならキャッシングの融資限度額の大きさは重要です。限度額が50万円のもの、300万円のもの、500万円のものなど、大口融資が可能なキャッシングを比較。
無利息期間の比較
すぐにお金を返せる予定があるなら無利息サービスがあるキャッシングが断然おトクです。無利息期間は短いもので1週間、多くのキャッシングが採用している30日間、最長で180日間のものなど、無利息サービスがあるキャッシングを比較。
お試し審査の比較
本審査を受けるまえに借り入れ可能か匿名でできるお借入れ診断が便利です。早いもので数秒から遅くても数十秒で結果がわかるキャッシングを比較。