借入までに掛かる時間

キャッシングの審査時間

今すぐお金が必要な人がキャッシングの利用時に気になるのは、審査に要する時間と、どのくらいの時間で融資されるのかではないでしょうか。

 

特に審査時間は重要です。この審査時間が長いと、当然、融資を受けられるまでの時間も長くなってしまいます。

 

今日現在、キャッシングの審査に要する時間は各金融機関によっても異なりますが、早いもので数秒から遅くて数日というものが一般的です。最近では、各キャッシングの公式サイトでは最短30分表示されていることが多くなってきました。

 

キャッシングの審査に要する時間を大別すると、消費者金融は審査時間が早く、銀行系は消費者金融よりも審査時間が長いという傾向があります。ただし、申し込みの条件やその他の要因によってキャッシングの審査時間が長引く場合もありますので、時間的な余裕を持ってキャッシングのお申し込みをすることをオススメします。

実はそれぞれの会社でキャッシングの審査時間に大きな違いは存在しない

キャッシングの審査時間は、それぞれのキャッシング会社によって大きく変化することはほとんどありません。

 

どの会社のキャッシングサービスを利用したとしても、非常に短い時間で審査が終わってお金を借りることが出来るようになっています。そもそも、キャッシングの魅力というのは即日審査で即日融資をしてもらうことにありますので、その点において他の会社とほとんど違いは存在ないということくらいは知っておく必要があります。各会社の審査時間がどのくらい違うかというのは審査時間が早い即日審査のキャッシングを比較を参照してみてください。

 

むしろ、こうした時間や融資の基準に関して大きな違いが存在するのは銀行などの金融機関に対してであると言えます。

 

こうした傾向は、融資の審査においてあらゆる場面で確認することができます。収入証明書の提出を求めることはもちろん、銀行で融資を受けるときにはその融資の契約の安全性を向上させるために担保を準備しなくてはいけません。

 

しかし、キャッシングを提供する消費者金融の場合にはそもそもこの担保を準備する必要がなく、つまり保証人を用意する必要性すら存在しないのです。実際に、大手の銀行系の消費者金融ですら無担保型のローンを提供しているくらいなので、消費者金融のサービスに担保は必要ないことを意味します。これは、銀行と消費者金融両者で適用される安全面の法律的な規定が全く異なるからにほかなりません。そして、こうした法律的な違いが両者を分けている何よりの証拠であるとも言えます。

 

そもそも、貸金業と銀行のような金融機関は基になっている法律的な基準そのものが違うわけですから、両者に関しては明確な違いが存在するといえます。一方で、貸金業者である消費者金融同士では同じ法律的な基準に基づいて手続きを行っていくわけですからその手続きに違いなど存在しません。銀行と消費者金融はどちらも相応のメリットがありますので、実際に利用するときにはより良いサービスを使うためにしっかりと精査して検討する必要があります。

 

では、それぞれの消費者金融で審査基準には本当に大きな違いは存在しないのでしょうか。そもそも、消費者金融に関しては法律的な規定によって融資の安全性が守られている側面がありますので消費者金融の方で特別に基準を厳しくする必要性はないと考えられています。

 

実際に、融資の申請をする時には収入証明書などを提出しなくても少額ならば簡単に現金を借入することが可能になっていますので、この点に関してはそれぞれの消費者金融で大きな影響は存在ないのです。具体的に、消費者金融で行われる審査としては在籍確認や信用情報の確認という作業が存在しますが、これらの条件は非常に簡易的なものです。これはどこの消費者金融でも必ず行われる基準であるため、例えば信用情報の確認の際に何らかの不備が存在する場合にはほぼ必ずこの時点で落とされることになりますので知っておく必要があります。

 

このように、キャッシングというのは素早く手続きを行って現金を借りるサービスなので余計なことは一切しないということを知っておきましょう。

関連ページ

キャッシングの審査とは
誰もが気になるキャッシングの審査内容。どのような内容でどのように審査されているのか。
返済方式の種類
キャッシングは借入だけではありません。返済についてもきちんと理解しておきましょう。