みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴
  • みずほ銀行カードローンはなんといっても低金利が魅力的!
  • インターネットで24時間いつでもお申し込み受付中!
  • 入会金・年会費は一切無料!
オススメ度 評価5
限度額 10万〜1,000万円
実質年率 4.0%〜14.0%

 

みずほ銀行カードローンにお申し込みをする前に!
キャッシングやカードローンの審査に落ちるとその内容が信用情報機関に記録されて後々厄介です。信用情報機関に変なキズが残る前に、診断サイトで借りられるかチェックしておきましょう!

↓↓ 無料診断はこちらをクリック ↓↓

ドクターMGP公式サイト

銀行のカードローンと言えばみずほ銀行!

 みずほ銀行カードローンは、いろいろな方法でキャッシングの申し込みができます。郵送、電話、店頭窓口、パソコン、携帯電話の中から、あなたの好きな方法を利用できますよ。
 みずほ銀行カードローンを利用してキャッシングした場合、最大限度額は1000万円となっていています。ユーザーにとってもっとも気になる年利は、4.0%〜14.0%です。(2014年7月31日現在)
 キャッシングの返済がしやすいように考えられているのもうれしいですね。全国のみずほ銀行はもちろんのこと、提携金融機関やゆうちょ銀行でも返済が可能になっています。また、コンビニに設置してあるATMで返済することもできるのです。ちょっと買い物をしたついでに返済できるから、うっかり忘れて遅延金がつくなんて心配もなくなります。
 みずほ銀行カードローン専用ダイヤルも用意されており、携帯電話からも利用できるようになっています。わからないことがあれば、気軽に問い合わせできるのがポイントです。

貸付条件

ご利用限度額 10万〜1,000万円
お借入金利 年4.0%〜14.0%
審査時間 最短即日
返済方式 残高スライド方式
遅延損害金 年19.9%
ご利用いただける方 以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
  • ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方

※ご本人さまに収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方は、ご利用限度額30万円を上限にお申し込みいただけます。
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
※審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。

必要書類 @ご本人さまであることを確認できる資料のコピー(以下のいずれか1通)

 i)運転免許証(*5)
 ii)運転経歴証明書(*5)(*6)
 iii)パスポート(写真およびご住所のページ)
 iv)各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
 v)印鑑証明書(*7)
 vi)住民票(*7)
 vii)在留カード(*5)(*8)
 viii)特別永住者証明書(*5)(*8)
 ix)住民基本台帳カード(*5)
 (*5)変更事項がある方については両面ともご用意ください。
 (*6)2012年3月31日以前の発行分は本人確認資料としてのお取り扱いはできません。
 (*7)発行後3ヵ月以内のものをご用意ください。
 (*8)外国人登録証明書は一定期間、在留カード、特別永住者証明書とみなされます。
 【ご注意】
 ・本人確認資料は氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限ります。
 ・外国人の方は、永住許可を受けていることが確認できる資料をご提出いただきます。

Aご本人さまのご年収を確認できる資料のコピー(以下のうちいずれか1通)
 ※ご希望のご利用限度額が200万円以下の場合は不要です。
 i)源泉徴収票
 ii)住民税決定通知書または課税証明書
 iii)納税証明書(その1・その2)
 【ご注意】
 ・個人事業主、会社経営者の方は(ii)または(iii)のいずれかに限ります。

担保・保証人 保証会社である株式会社オリエントコーポレーションが審査のうえ保証します)

オススメのポイントはこれ!

銀行ならではの有利な条件

みずほ銀行カードローンは、融資限度額が10万〜1,000万円までと余裕があります。また、銀行カードローンであるために年利が4.0%〜14.0%と有利な金利です。また、みずほ行の住宅ローンを利用している人が、カードローンを利用する場合には、店頭表示基準金利から、年0.5%引下げを受けられるということもメリットです。みずほダイレクトを利用していると、パソコン・携帯電話・固定電話から借り入れや返済ができるようになり、さらに便利になります。

 

自動貸越機能あり

みずほ銀行のキャッシュカード兼用型ローンカードを利用すると、普通預金の残高を超えての引き出しをしようとした場合、自動貸越が受けられて便利です。また、公共料金、クレジットカードの利用代金などの引き落とし口座としている場合には、残高不足の場合には自動的に融資が受けられますので、クレジットカード料金の延滞、公共料金の滞納などの心配がなくなります。逆に、ローンカードで入金し、残高がプラスとなった部分は、自動的に普通預金口座に入金されます。

クチコミ情報まとめ

 

時間がある人向け

利用申し込み、審査、融資までの時間が、他の銀行・消費者金融に比べて長時間かかるように思います。ただ、いったん利用をし始めると、公共料金の支払などで、普通預金口座の残高が不足した場合には、自動的に融資が受けられるといったメリットがあります。そのため、時間に余裕があるときに申し込むといいでしょう。


 

オペレータの対応が機械的

私の担当者だけの問題かもしれませんが、電話での話し方が機械的で、ちょっと冷たいという感じがしました。ただ、オペレータと楽しく話すために、カードの利用申込をしているのではないので、そこさえ割り切ってしまえば良いかと思います。


 

繰上返済ができる

資金に余裕があるときには、みずほ銀行ATMやコンビニATMを利用して、繰上返済をすることができます。早く返すほうが、利息部分が節約できますので、私は「生活費を手元に残して、できるだけ早めに返済する」ことを、心がけていました。


 

安心感がとてもあります

みずほ銀行が運営しているカードローンなので、はじめての方や女性の方でも安心してキャッシングの利用ができると思います。返済も無理のない方法を選ぶことができますし。ただ、実際の融資までに時間がかかるようなので、資金の必要がないときからカードを作っておくほうが断然賢いと思います。


 

審査はきびしめ

銀行ローンなので、審査は厳しめだと感じます。甘い気持ちで申し込んでみると痛い目を見るかもしれません。低金利で魅力的なカードなので「少額の利用」「きちんと返済した実績」を作って、限度額を増額していく、と言う考え方が大事になるでしょうね。


 

みずほ銀行カードローンにお申し込みをする前に!
キャッシングやカードローンの審査に落ちるとその内容が信用情報機関に記録されて後々厄介です。信用情報機関に変なキズが残る前に、診断サイトで借りられるかチェックしておきましょう!

↓↓ 無料診断はこちらをクリック ↓↓

ドクターMGP公式サイト