借入可能な会社

キャッシングが可能な会社

キャッシングが利用できる金融機関はいろいろあります。

 

銀行、信販会社、消費者金融。

 

この3つが大きく分けると主なところになります。

 

この3つはそれぞれ異なった特徴があり、消費者金融は他の2つと比べるとあまり厳しい審査を受けなくてもキャッシングが利用できるのが利点で、信販会社は融資限度額が高かったり、銀行は低金利で借り入れができるなどの特徴があります。

 

また、銀行系のキャッシングには大手銀行の系列会社が運営しているのが特徴で、例えば、新生銀行グループのノーローンやカードブランドのレイクなどがその例です。

 

このようにぞれぞれの特徴がありますので、何を目的としてキャッシングを利用するのかはっきり決めた上で、どこから融資を受けるか決めるのがよいでしょう。

キャッシングにおける金銭債権者ごとの審査の差異

キャッシングには複数の手段があります、よって審査についてもまた、複数の基準があります。以下、種類毎に記述していきます。

 

銀行系キャッシング

端的に記すと、最も審査が厳しいです。つまり、当該貸付先、言い換えるとキャッシング利用者の財務状況、信用状態、預金額、保有資産、担保となり得るものの有無等のみならず、利用者の家族構成、勤務先等、勤務先そのものの信用状態、勤務先等における利用者の評価、査定、ポスト、実績、更には趣味嗜好、政治信条、思想、信仰等ほぼ公安レベルの信用調査が利用者にされます。理由は単純です。銀行の融資担当が利用者の債務不履行を最も恐れるからです。彼らにとっては利用者の債務不履行は自身の判断能力の否定を意味します。つまり彼ら自体が評価され、場合によっては査定が大幅に低下、ということが当然にあり得るからです。但し、利点も大きいです。つまり審査に通れば最も低金利で、しかも限度額を大きく出来ます。利用者自身の経済的信用が高い場合にはベストでしょう。

 

信販系キャッシング

これは比較的審査が厳しめです。当該融資担当がある程度の債務不履行のあることを前提として利用者について融資の可否、限度額等を審査するからです。基本的に定期的な収入がある場合には問題はありません。また、融資の種類によってはかなり多額の限度額を設定可能です。自動車、不動産等が代表です。
但し、一般論としては調査が甘い分、金利も高く設定されます。が、例外もあります。融資目的が限定されている場合には金利が銀行系に殉じる程度に安くなることもあり得ます。上記自動車、不動産等の登録制度がある資産を入手する場合、教育目的等が代表です。また、長期間継続的に取引を続けた場合には金利が優遇されることもあります。複数サービスの組み合わせにより更に金利が安くなることもあり得ます。目的が予め極まっている場合には良い選択肢となり得ます。

 

消費者金融系

上の2つと比べると審査はさほど厳しくないです。また融資決定が迅速でもあります。勤務先があって、定期的な収集がある場合にはまず融資不可となることはありません。理由は、信販系以上に債務不履行のあることを前提とした判断がされるからです。その代わり、最も高金利でもあります。債権者としては、リスクの高いキャッシングを利用者に対して迅速になす必要がある以上、リスクの対価として金利を求めるからです。さらに、利用目的、金銭の流れを債権者は基本的に調査しません。だから迅速に融資の可否が判断され、入金も速いのです。急な出費、どうしても現時点で必要な出費に限ってサービスを利用した方が無難です。但し、30日間利息無し等の特典がある場合があります。そのような特典を予め把握しておけば比較的使いやすい手段でもあります。

 

これらを自身の利用目的、返済プラン等に合わせて組み合わせて利用すれば、相当程度自由に融資を使いこなせます。それにより自身の生活を豊かにも出来ます。全ては考察です。

関連ページ

ご利用の流れ
キャッシングの審査お申し込みから実際に融資に至るまでの流れを紹介しています。
失敗しない選び方
キャッシングを選ぶための4つのポイントを厳選。キャッシングの比較や申し込みの参考にどうぞ。
よくある質問Q&A
キャッシングのよくある質問についてのQ&Aを紹介しています。
お役立ちリンク集
キャッシングの利用に関して役に立つ厳選したリンク集です。