株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

キャッシングの限度額の大きさで比較

2つも3つも借りたくないから限度額はゆとりがある方がいい!!

 

これまでキャッシングの限度額は主に300万円というのが一般的な設定金額でしたが、最近では500万円、さらには800万円オーバーというのも珍しくなくなってきました。当然のことながら、金融会社やその会社が扱っている商品によっても設定されている限度額は異なってきます。

 

このページでは、融資限度額の多い順にキャッシングを並べていますので、限度額とその他の項目を簡単に比較することができます。

 

ゆとりをもって長く使っていきたい、大きな買い物をしたい、あるいは借金をひとつのキャッシングにまとめたい、その他等々のこだわりがある場合のキャッシングやカードローンをお探しください。

 

会社・商品名 実質年率 融資限度額 審査時間 無利息期間 お試し審査
アコム 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短30分 30日間
モビット公式サイト SMBCモビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短30分で審査完了(※1) ×
プロミス公式サイト プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分で回答 30日間
(※2)
ライフティ公式サイト 「RYFETY」ライフティ 8.0%〜20.0% 1000円〜500万円 最短30分 35日間

さらに詳しい情報は各公式サイトにてご確認ください。
※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

キャッシングの限度額は消費者の年収で比較する

キャッシングの限度額は、サービスを提供する会社ごとで比較するのではなくサービスを利用する消費者の年収ごとに比較するのが基本です。

 

この基準は法律によって決められていることなので、キャッシングを利用する際には必ず自身の年収が限度額に達していないかを確認しなくてはいけません。キャッシングなどの少額融資に関連するこの限度額に関する一般的な基準のことを総量規制と言います。

 

では、消費者金融にとって総量規制というのはどのような内容のことを意味するのでしょうか。

 

総量規制というのは、借り入れの申請をした人物の年収を基準として融資をする際の限度額を決定するための規定のことを意味します。

 

総量規制に関しては誤解も多いのですが、そもそも総量規制というのは融資の契約に携わる当事者の安全性を担保するために考えられた規制であるため、総量規制の適用がある融資というのはそもそも安全性が極めて高い融資であるということを知っておく必要があります。

 

中には、総量規制の適用があることを悪だとするような説明もありますが、少なくとも消費者がお金を借りるという立場からすればそのようなことは絶対にないので安全して利用することが可能です。

 

具体的には年収の3分の1という範囲を限度額としていますが、この限度額に関してもかなり柔軟な考え方をとっており、例えば融資を受けたあとに収入が増えて年収が増加した時にはその証明をすることによって増額申請を容易に行うことができるようになっているのです。年収の3分の1という範囲は絶対ですが、その範囲は消費者本人の努力によっていくらでも変更することができますので何もデメリットはないのです。

 

そして、この限度額の範囲は一部の消費者金融にだけ対して適用されるのではなく、少額融資全般に対して例外なく適用されます。少額融資ならば必ずこの規制によって限度額が決まるので、それぞれの年収でどの程度の限度になっているのかを容易に判断することが可能です。