クレジットカードのショッピング枠の現金化

キャッシングとよく混同されがちなのがクレジットカードの「ショッピング枠の現金化」です。

 

ショッピング枠の現金化とは?

ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードなどで買い物をする時に使うことができる範囲内の枠を現金化して使うというものです。

 

しかし、現在、信販会社を中心に発行されているクレジットカードには、最初から現金の借入ができる「キャッシング枠」が用意されているのが普通です。そんな中、わざわざショッピング枠を使ってまで現金化する必要性とは何でしょうか?

 

ショッピング枠を使ってまで現金が必要となるのは、すでにキャッシングを枠いっぱいいっぱいまで使って現金の借り入れをしてしまっている人です。キャッシング枠を目一杯まで使いきってしまっているけれども、まだ現金が欲しいという人にとっては、ショッピング枠として用意されている部分も使えればいいのにと思えてしまいます。

 

そんな人の心理につけこんだのが、このショッピング枠の現金化の利用です。

 

ショッピング枠の現金化を利用するはとても危険なこと

インターネットなどで見かける「ショッピング枠の現金化」の方法とは、まずショッピング枠を利用して現金化をしやすい商品券や、転売できる商品を購入させられます。そして、それらの金券や商品券、あるいは商品を業者が受け取り、キャッシュバックまたは転売してショッピングの枠を現金化をするものです。

 

では、なぜショッピング枠の利用が危険かというと、専門の業者を利用することにより、かなり高額のマージンを引かれてしまう場合が多いからです。そのため、通常のキャッシング枠の利用をするときよりもはるかに高額の金額をのちに返済しなくてはならなくなってしまいます。

 

トラブルに巻き込まれないために

キャッシング枠であらかじめ設定されている限度額は、その人の収入やその他の状況などから金融会社が割り出した「返済可能とされる金額」です。

 

それ以上の貸付をしないのは、返済不可能な状態に陥る可能性があると判断され、その状態を防止するためだからです。

 

もし、キャッシング枠をいっぱいいっぱいまで使い切ってしまった場合は、それ以上の借入は返済ができなくなるかもしれないと割り切って、ショッピング枠の現金化などには手を出さないように心が掛け、無駄な金融事故などを引き起こさないようにしてください。