失敗しない選び方

キャッシングで失敗しない正しい選び方を知っておこう

キャッシングで失敗しないためには、正しい会社の選び方を知っておく必要があります。では、具体的にどのような会社を選択すればキャッシングで失敗せずに済むのでしょうか。

 

そもそも、キャッシングというのは少額融資で消費者に対して現金を貸すサービスであるため、審査そのものが非常に簡易的になっているという特徴があります。審査基準にそれぞれの会社で大きな変化はありませんが、中にはまともな審査をせずに融資を提供してくれる消費者金融もあるくらいです。

 

キャッシングの審査につきましてはキャッシングの審査とはも参照してください。

 

しかし、こうして少しもまともな審査をしない会社に関してはさすがにそのサービスの信用性に疑いを持たなくてはいけません。良い会社は、どれだけ短くて簡易的な審査であっても最低限の基準は設けていますので、そうした基準を元に良い会社を選択すると良いでしょう。

 

では、一般的なキャッシングのサービスの際に基準とされている審査というのは一体何なのでしょうか。一つは、銀行のような金融機関では行われない在籍確認という審査があります。この在籍確認はどのような手順で行われるのでしょうか。

 

まず、勤務先に電話がかかってきますがこの電話の確認の際には消費者金融の方から消費者金融であることやその消費者金融の会社名を名乗ることは絶対にありません。これは、お金を借りる消費者が周囲の人間に対してお金を借りることを知られたくないであろうということを配慮しての処置であるため、この電話によって会社に対して消費者金融から現金を借りることは知られません。

 

また、実際にかかってくる電話に関してもその電話に本人が出て応対する必要性は全く無いのでこの点に関しても安心して大丈夫です。融資の申請をしている人物は、在籍確認をしている時には無人契約機の前にいるか自宅にいるかのどちらかのケースが多いです。

 

会社からお金を借りるための相談をする人はほとんどいませんので、会社からの電話に本人が出ることができないという事態を消費者金融もきちんと想定しています。この場合には、会社にいる誰かがその電話に出て、現在融資の申込を行った人物が会社にいないか、または休みをとっているかの報告を消費者金融の担当者にしてくれればそれによって審査に通ることができます。その他に関しては特に何も質問されませんので、早ければ在籍確認の電話は1分以内に終わります。

 

そして、こうした確認が終わった後は、信用情報という情報の審査に入りこの審査も早ければ1分以内に終わります。簡易的な審査ではありますが、これらの審査を実際に行う会社のサービスというのは極めて安全性が高いです。在籍確認をすれば消費者に収入が存在するということがわかりますし、信用情報を見れば現状の借金の情報が確認できるので健全な融資の液薬を締結することが出来ます。

 

キャッシングで失敗しない前提は良い会社を選択することなので、手続きや手順を守ってしっかりと契約をしてくれる会社を探すようにしましょう。

キャッシングを選ぶ4つのポイント

キャッシングは、上手に利用すればとても便利なアイテムになります。
キャッシングを計画的に利用するためにもしっかりとポイントを押さえておきましょう。

 

ポイント1 <審査>

金融機関によって審査基準や審査スピードが異なります。
キャッシングの申込から実際に融資が受けられるまでの時間をしっかりチェックしておきましょう。

 

ポイント2 <金利>

キャッシングを利用するなら金利の低いキャッシングを利用したいところです。
また、通常の金利以外にも「金利優遇キャンペーン」や「無利息キャンペーン」などが行われるいる消費者金融もありますので、キャッシングの目的によっては積極的に使ってた方がよいでしょう。

 

ポイント3 <限度額>

借り入れの目的によって限度額の範囲内でキャッシングを選ぶことになりますが、同じ条件であれば、限度額にゆとりがあるキャッシングを選びましょう。

 

ポイント4 <返済方式>

返済は重要です。せっかく融資を受けられても返済できなければ信用を失ってしまいます。キャッシングの申込時には必ず返済方式を確認し、返済可能かチェックしておきましょう。

関連ページ

ご利用の流れ
キャッシングの審査お申し込みから実際に融資に至るまでの流れを紹介しています。
借入可能な会社
キャッシングのサービスを行っている会社、金融期間について、その特徴などを紹介しています。
よくある質問Q&A
キャッシングのよくある質問についてのQ&Aを紹介しています。
お役立ちリンク集
キャッシングの利用に関して役に立つ厳選したリンク集です。